ストレスが原因の眼瞼下垂が西宮で改善しました

目元にも変化が現れ、力を入れなくてもある程度瞼が開くように

つまり、人前では見せられない表情をする他ないので、日常生活においてこれが非常に困りました。
運転中にこの表情をすると、事情を知らない他人からすれば変顔をしていると思われても仕方がないので、運転の際は事故を起こさないかと気が気ではありませんでした。
しかし、休日になると少し症状が改善するので、やはりストレスが関係していて、ストレスの影響が小さくなれば症状も改善するのではと思いました。
根拠はそれくらいでしたが、ストレスを感じないように過ごす工夫を始め、嫌なことはやらないと決めて過ごすようにしています。
最初は慣れないことをするのがストレスでしたが、慣れてくると逆にストレスを感じにくくなり、体や表情の緊張がほぐれ、気持ちも楽になりました。
その頃から目元にも変化が現れ、力を入れなくてもある程度瞼が開くようになっています。
これは眼瞼下垂の改善の兆候ではと思いましたが、一時的な変化の可能性もあるので、この時はまだ確信に至っていないです。

これは自虐も含めて言いますけど、ブスでも彼氏いる人は数多いるから、彼氏いないことの原因が顔だと思ってる人の大多数は顔より社会性が劣ってるだけなんですよね…
マジで顔だけが原因なのは眼瞼下垂とか噛み合わせとか機能的に支障が出るレベルの奇形だと思うわ。
それか超理想高いとか

— 生活破綻者ちゃん♡ (@dieonthespot) March 20, 2022

西宮で生活している時、少しずつ視界が狭く暗くなる感覚を覚えました | 目元にも変化が現れ、力を入れなくてもある程度瞼が開くように | ストレスの影響が減ったことで症状が改善した可能性がある